おまとめローンと債務管理について

複数の金融機関からお金を借りている人なら誰でも聞いたことがあるでしょう。

  1. 「おまとめローン」
  2. 「債務管理」

二つとも、複数のローン返済に困っている方への救済策としてよくあげられます。では、利用するならどちらがよいのでしょうか?

おまとめローンって何?!

おまとめローンは、消費者金融や銀行などで提供されているサービスの一つです。このローンを利用することで、複数の借金を一つにして借金の返済の苦しみを軽減することが可能です。また、「借金の一本化」とも呼ばれています。

<月に複数あった返済日が1日になり、返済金の管理も簡単/span>になり、現在の利子より低金利なおまとめローンを利用することにより、返済総額の減額や返済期間の短縮も可能です。

このように便利なおまとめローンではありますが、決して借金がなくなるわけではないことは頭においておきましょう。

債務管理って何?!

債務整理とは、法律により借金を整理する方法の総称です。

債務整理を行うことで、確実に借金の減額、または借金を無しにすることが可能になります。しかし、こうした方法には難しい手続きがあったり、大きなデメリットやリスクがあることを覚悟しなくてはなりません。

その方法は次の4つです。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人再生
  4. 自己破産

の4つです。

「任意整理」と「特定調停」に関しては、利子の減額などを検討しながら、和解の話し合いを進めていく方法になります。二つの違いは、裁判所を通すか通さないか、です。

「個人再生」と「自己破産」に関しては、借金の大幅な減額、また借金を完全に無くすことができることが最大のメリットといえます。しかし、どちらもその後の将来に大きなリスクを与えることは間違いありません。

おまとめローンと債務管理、どちらが便利?

おまとめローンは借金を一つにまとめるだけです。返済も変わらず続けて行かなくてはなりません。しかし、将来的に大きなハンデがあったりすることはないでしょう。

一方、債務整理は手続きなどが大変だったりしますが、借金の大幅な減額や帳消しはかなり魅力的かもしれません。しかし、その後もずっとその記録は残り大きなハンデとなります。

どちらが必要なのかは、自分にとって大事なものは何なのか、が鍵となるでしょう。

2018年7月13日

Posted In: おまとめローン